老化防止!名医が選ぶ最強の薬味ベスト5とは?【林修の今でしょ!講座】

こんばんは。Rinです。

9月も下旬に差しかかろうとしてますが、皆さん元気ですか?

私は温度差で少しやられてます笑

今回は9月17日放送『林修の今でしょ!講座』にて紹介された

「最強の薬味ベスト5」とまとめていこうと思います。

それでは、どうぞ!

目次
1.薬味① 大根おろし
2.薬味② 生姜
3.薬味③ にんにく

4.薬味④ 唐辛子

5.薬味⑤ 長ネギ

スポンサードリンク

薬味① 大根おろし

普通の大根ではなく、大根おろしです。

おろしたての大根おろしがオススメです。食べる時に適量、ですね。

大根おろしに含まれる辛味成分が消化を促進してくれます。

大根おろしにするのにオススメなのは、大根の下部

葉っぱが付いてない方ですね。ここに辛味成分が最も含まれています。

さらに大根を削る時は、おろし金と垂直におろしましょう。

おろし方で辛味成分の出方が変わるみたいです。

大根の細胞がより壊れてくれるので、辛味成分が含まれやすくなります。

オススメの食べ方は、大根おろしと納豆の組み合わせ!

薬味② 生姜

2つ目は生姜。免疫力の調整・風邪などのウイルスを撃退してくれます。

生で食べる場合と加熱して食べる場合で効果が異なります。

生の場合は、解熱作用があるので身体を冷やし、

加熱すると身体を温めるようになります。生姜湯とかですね。

これからの季節は熱して食べるのがオススメです。

加熱の仕方も大事で、豚の生姜焼きのように焼いてあげると良いです。

煮てしまうと、水に栄養素が溶け出してしまいます。

生姜をする時は、皮ごとすりおろすのが良いです。

オススメの食べ方は温かい緑茶との組み合わせ!

薬味③ にんにく

血管を老けさせないパワーを持つ、にんにくです。

にんにくは血圧の低下や動脈硬化の改善が期待できることから、

食べる降圧剤とも呼ばれているそうです。

とはいえ、そのまま食べれば良いというわけではなく、

大事なのはにんにくを細かくしてあげることです。

適量は、1日1粒の半分程度の量で大丈夫です。

また、生と加熱で期待できる効果が違います。

血管を老けさせないのは、生で食べるです。

オススメの食べ方は、にんにくとトマトの組み合わせ!

スポンサードリンク

薬味④ 唐辛子

脂肪燃焼パワーを持つ4つ目の薬味は唐辛子です。

なんと食べるだけで、脂肪を分解・燃焼させてくれます。

さらに大根おろしと組み合わせること(もみじおろし)で、脂肪燃焼効果がアップします。

とはいえ、唐辛子は刺激物ですので、食べ過ぎは胃腸を痛めたりしてしまいます。

毎日少しずつ摂取するのがオススメです。1日1gぐらいですね。

薬味⑤ 長ネギ

ラスト一番のオススメは冷え性改善効果が期待できる長ネギです。

食べ方も大事で、白い部分と緑の部分の両方を食べるのが重要です。

白い部分には血流を良くし、身体を温める効果があります。

緑の部分には、血液を増やす効果があります。

つまり、緑の部分を食べることで血が増え、毛細血管の隅々まで血が行き渡り、

白い部分を食べることで血流を良くして、冷え性が改善される、という感じです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

是非今回紹介された薬味を使って、身体の老化を防止していきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする