Twitterの義理いいねって何?「いいね」機能が消えるかも…

こんばんは。Rinです。

いつものようにTwitterを見ていると、こんな呟きを見かけました。

私が気になったのは『義理ファボ』の部分。

Twitterのいいね機能は、かつてはお気に入り機能と呼ばれていました。

(お気に入り=英語:Favoriteから、その頭文字Favoをとってファボ)

そんなお気に入り機能改めいいね機能の義理とは一体なんなのか…?

スポンサードリンク

義理いいね(ファボ)とは?

まずは義理という言葉の意味を調べてみましょう。

物事の正しい筋道。また、人として守るべき正しい道。道理。すじ。「義理を通す」「義理にはずれた行為」

社会生活を営む上で、立場上、また道義として、他人に対して務めたり報いたりしなければならないこと。道義。「義理が悪い」「君に礼を言われる義理はない」「義理をわきまえる」

つきあい上しかたなしにする行為。「義理で参加する」

血族でない者が結ぶ血族と同じ関係。血のつながらない親族関係。「義理の母」

わけ。意味。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

今回の場合は3番でしょうか。

次に、公式はいいね機能をどのように捉えているのか、調べてみました。

いいねは小さなハートマークで表示され、ツイートに対する好意的な気持ちを示すために使われます。いいねしたツイートは、プロフィールページから [いいね] タブをクリックまたはタップすることで表示できます。

出典:ツイートにいいねする方法

Twitterを使われている方なら誰しも、

・推しているアイドルの自撮り

・美味しそうな料理店の情報

・映画や本などの最新情報

などなど、こういったものをいいねした経験はあるのではないでしょうか?

この記事の発端となったホロさんのツイートを改めて見て下さい。

わかる(同意)最高です応援してます

好意的な気持ちから来ていますよね?嫌いな事をわざわざ応援したりしませんよね。

(後半のお前を見てるぞ、言質を取ったぞは好意的ではないかもしれませんね笑)

改めて考えると変な感じがしますが「良い」と感じたからいいねしていると思います。

話を戻しますと、義理いいねというのは

「特になんとも思ってないけど、仕方ないからいいねする」ということですね。

義理いいねをする理由

感覚的には、大して行きたくもない飲み会や遊びに参加するのと近いのかなと思います。

実際はタップ1つのことなのでそれは言い過ぎかもしれませんが……

とはいえ、SNSを行なっていて以下のようなこと思ったことはありませんか?

「○○さんはいつもいいねしてくれるから、返してあげないと…」

「○○さんの呟きにはいいねしないといけない…」

好意的な気持ちを示すはずの行為が、いつしか義務感に変わっていませんか?

なんとなくならまだしも「〜しなきゃ」という精神的な負担を感じてはいませんか?

スポンサードリンク

『Twitterにいいね機能は必要なかった』

Twitterの創業者であるジャック・ドーシーさんはこう語っています。

「最初からやり直せるなら現在のようなスタイルにはしない。そもそも『いいね』機能なんて必要なかった」

出典:SNSの「いいね」機能が消える?Twitter創業者も後悔するワケとは…

記事の本文では、いいね機能だけではなく、Twitter全体での問題点について触れています。

いいね機能なんて必要なかった、その通りなのかもしれません。

ブラウザのブックマークと同じように、自分にしか見えない領域でよかったのだと思います。

インスタグラムでは「いいね数の公開しない」ことについて昨今議論されています。

今から変えることは難しいかもしれませんが、Twitterにもいいね機能がなくなる日が来るかもしれませんね。

まとめ

今回は、義理いいねとは何か?から始まり、改めていいねとはそもそもなんなのか?について調べてみました。

タップ1つのことではありますが、そこにもし少しでも精神的な負担を感じているのであれば、是非とも考えてみてください。

それは義理いいねではありませんか?本当に必要ですか?

この記事が、今一度SNSとの付き合い方を考え直すきっかけとなれば幸いです。

それでは。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする