【マツコの知らない世界】砂時計専門店の場所は?通販はある?

こんばんは。Rinです。

10/29放送のマツコの知らない世界で紹介された”砂時計の世界”

その美しさに魅了された方も多いのではないでしょうか?

デジタル化が進むこの現代で、砂時計が一つ欲しいと思われた方も多いと思います。

今回は、そんな砂時計の世界を紹介した女性・和田朱美さんが営む砂時計専門店、

『サブリエ・ド・ヴェリエ』について、紹介していきたいと思います。

お店の場所や通販等はあるのか?調べてみました。

スポンサードリンク

砂時計専門店『サブリエ・ド・ヴェリエ』

〒110-0001

東京都台東区谷中3-9-18

電話番号:03-5842-1400

営業時間:AM11:00〜PM7:00

定休日:不定休

東京メトロ千代田線「千駄木駅」2番出口から徒歩4分

JR「日暮里駅」北改札西口から徒歩5分

店内には、砂時計ギャラリー・販売とカフェスペースもあります。

店名の『サブリエ・ド・ヴェリエ』とは、フランス語で『砂時計のガラス職人

ゆったりと落ち着いた時間を過ごせる砂時計専門店です。

砂時計の通販はある?

サブリエ・ド・ヴェリエのウェブショップがあります(リンクはこちら

日本に3人しかいないといわれる砂時計職人の手作り砂時計が通販で手に入るとは……なんとも贅沢ですね笑

ウェブショップでは、

・正確に時間を測る砂鉄砂時計

・暗いところで光るロマンチックな夜光砂時計

・さらさら…と涼しげな音が聞こえる砂時計

などなど、様々な種類の砂時計が販売されています。

ご自分用に、プレゼント用に、是非ともチェックされてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

砂時計が気になった方にはこちらもオススメ

私含め、砂時計に馴染みがあるという方はあまり多くないと思います。

だからこそ気になると色々知りたくなっちゃいますよね笑

色々調べていたら、なんと島根県に”1年計砂時計”があるそうです。

砂博物館こと『仁摩サンドミュージアム』

世界一大きい砂時計があると書かれていまして、それが1年計砂時計ですね。

その名も砂暦(すなごよみ)

砂の量はなんと1t、それが直径0.84mmの穴から刻々と落ちていきます。

砂がさらさらと流れる様子を見ている間にも、時間は進んでいきます。

それが30秒、1分と短い時間なら、流れ落ちる一部始終を見ることもできます。

1年ともなると、とても全部を見届けるわけにはいきませんが、定期的に眺めに行きたい気持ちにはなりますよね。

お近くの方、気になった方は是非チェックしてみてください!

〒699-2305

島根県大田市仁摩町天河内975

営業時間:9:00〜17:00(受付終了は16:30)

休館日:毎週水曜日

公式サイトはこちら

まとめ

今回はマツコの知らない世界で紹介された砂時計について調べてみました。

砂が落ちる様子をただ眺めるのは意外と落ち着きますよね。

砂時計は決して場所を取るものではありませんので、机の上などにお一ついかがでしょうか?

それでは、今回はこれにて。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする