長い休みの時こそ、片付けしませんか?私流の整理方法を紹介します

まだまだ暑い日が続きますね。

台風も来ていますので、十分にお気を付けください。

こんにちは、Rinです。

私の会社はなんと9連休頂くことができたのですが、

皆様はどうでしょうか?

休みなんてないわ!という方も、カレンダー通りという方も、お疲れ様です。

私と同じように長期休暇という方はお休み満喫していますでしょうか?

お察しの通り私は買い物以外はずっと家で過ごしてます。

とはいえせっかくの長い休み、何か普段できないことがしたい……ということで、

部屋の中を整理することにしました。

これから片付けしたいけど、何から手を付けていいのか……という方に

私流のお片付け方法を紹介していきますので、よろしければ参考までにどうぞ。

手順① 物を全部並べる

丁度昨日机の中身を整理したので、それを例に挙げていきます。

まずはモノを全部出します。小さいモノから大きいモノまで、床でもどこでもいいので

まずは全部引っ張り出して、ある程度整理して並べていきます。

可能なら、ジャンルごとにまとめていくと良いです(文具、ノート、キーホルダーなどなど)

「これは明らかにゴミだな」と思うものは早速捨てましょう。

それ以外は必要・不必要はまだ考えないで、まずは出しましょう。

すっからかんの引き出しを見て「あ、こんな広いんだ」と思った所でまずは手順①終了です。

手順②一休みする

「引っ張り出したらすぐに仕分けて戻すんじゃないの?」と思われる方も

いるかもしれませんが、少しここで一休みしましょう。

というのも、モノって必ず何かしらの記憶と結びつきがありますよね。

人から貰ったり、衝動買いしたり、思い入れがあったり……

そういう記憶と一旦結びつくと、必要か不必要かの判断が付きづらくなります。

考えてみてください。プライベートでも仕事でも、

「なんかに使うかも……」と思って取っておいたもの、本当に使ってますか?

私の学生時代の先生は「1ヶ月放置したら、それは要らないものだ」と言ってました。

などと、口で言うのは簡単ですが、行動するのが難しいのは重々承知なので、

それを成すべく、ここで一休みをします。

時間的には10~15分程度でいいと思います。飲み物飲んだり、短い動画1本見たり、

まずは引っ張り出したものから一旦頭を切り離しましょう。

手順③ 仕分けていく

一休みが終わったら、今度は整理に取り掛かっていきましょう。

私が行う分類は

・絶対に必要なもの

・明確に使い道があるもの

・使い道が曖昧なもの

・いらないもの

この4つです。

恐らく整理してもモノが減らない原因は3つ目ですね。

・使い道が曖昧なもの

これを捨てれるか捨てれないかが運命の分かれ道……。

などと大げさに書きましたが、私は迷った時は

「とりあえず後で判断しよう」と、後回しにします。

そこで作業が止まってしまうと時間の無駄になってしまうので、

悩んだら後回し、まずは仕分けれるものから仕分けていきましょう。

そうやって進めていくと、必要なもの不必要なものを淡々と仕分けていけるので、

一旦は悩んだものも「やっぱりいらないな」と捨てられます。

手順④整頓して戻す

ここまで行えば、あなたの前には必要なものしか残っていないはずです。

ここで「よし、戻すぞー!」とごちゃごちゃと戻してはいけません。

必ず何かしらの規則性や統一感をもって戻していきましょう。

入れ物などにまとめてもいいかもしれません。

キレイに並べれば「整理したな!」という実感が湧きますし、ついついモノを

放り込みそうになっても「いや、整理されてるしな…」と思わされます。

要は見た目を美しく、誰が見ても「整理されてる」と言えるような感じにしましょう。

まとめ

以上が私が行っている片付けの流れです。

①まずは全部引っ張り出して

②一休みして

③いるものいらないものを仕分けて

④整理して戻す

3番が片付けの上で一番大変なパートだと思うので、

時には思い切って「捨てる!」という強い気持ちを持つのも大事です。

先延ばしにしすぎて、結局ごちゃごちゃのまま……にはしないでくださいね。

何かしらのお役に立てれば幸いです。それでは。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする