食事中のテレビ・スマホを辞めるべきたった一つ理由。

こんにちは。Rinです。

今回は、タイトルの通り『食事中のテレビ・スマホ』についてです。

皆さんはどうですか?食事中にテレビ見ますか?見ませんか?

スマホでニュースサイトやSNSを見たりしませんか?

私は一人で食事する時に、ついスマホを開いてしまいます笑

そんな食事中のテレビ・スマホ。メディアでも度々話題になっていますよね。

『行儀が悪い』『親のしつけが悪い』『一人の時は見る』

『テレビが会話の話題作りになる』『スマホはダメでテレビはいい?』

様々な意見があると思います。

今回はそういった行儀が良い悪いの話ではなく、

『食事中のテレビ・スマホは辞めた方が良いたった一つの理由』

それは一体何なのか?詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

食事中のテレビ・スマホを辞めるべきたった一つの理由

たった一つの理由、それは『健康』のためです。

順を追って説明していきますと、以下のようになります。

①テレビ(スマホ)に意識が向いている

②意識が食事に向いていないので、咀嚼の回数が減る

③しっかり噛むことなく、呑み込んでしまう

④塊が大きいため、胃腸での消化に負担がかかる&栄養素の吸収率が低下する

しっかり噛まれることなく飲み込んだ食物を、胃は頑張って消化しようとします。

そのため消化に時間がかかり、胃から脳へ『満腹』状態の信号を出すのが遅れます。

その結果、必要以上に食べ過ぎてしまい、太りやすくもなるのです。

長年そういった習慣をしているからと言って、必ずしも太るわけではありません。

しかし、少なからず身体に良くない影響を与えているのです。

スポンサードリンク

食事中は食事に『集中』を!

食事中は食事に『集中』することが大切です。

・スマホは置いて、テレビは消して

・ゆっくりよく噛んで食べる

これだけのことです。

たったこれだけで、あなたの胃腸への負担は軽減される上に、太るリスクも回避できます。

どうしても仕事・時間の都合で食事を急がないといけない時もあります。

ですが余裕がある時は、食事を楽しんでみてください。

人間空腹では生きていけないので、絶対食事しますよね。

毎日何気なく食べているかもしれませんが、改めて意識してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は食事中のテレビ・スマホについてのお話でした。

行儀が良いか悪いか、というのはこれまでの周りの環境によって考えが異なると思います。

私は台所にテレビがない家庭だったので、見ないのが普通でした。

ですがスマホの普及で、テレビは見ないもののスマホは見てしまう始末です。

どちらにせよ、習慣的なお話だと思いますので、まずは意識して行ってみてください。

私も気をつけたいと思います!それでは!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする