その減塩、間違ってるかも?本当に塩分が多く含まれる調味料とは?【ソレダメ!】

出典:フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com

こんばんは。Rinです。

今回は当サイトでも以前紹介した”減塩”についてです。

(過去の記事なこちら!)

こんばんは。Rinです。 今回は”塩”です。塩分です。 塩分は摂りすぎると高血圧であったり、脳卒中であったり、 様...

これだけに留まらず、世間には様々な減塩法がありますが、

正しく行わないと全く効果がなかったり、逆効果だったりしてしまいます。

そこで今回は、10月2日放送『ソレダメ!』にて紹介された

「減塩法の新常識」についてまとめていきたいと思います!

目次
1.秋は塩分摂取量の増えてしまう季節
2.味が濃いのに塩分が少ない調味料は?
3.減塩調味料の落とし穴!

スポンサードリンク

秋は塩分摂取量の増えてしまう季節

食欲の秋とも言われるこの季節、涼しくなってきてたくさん食べるのは良いですが、

たくさん食べると当然塩分摂取量が増えてしまいますので、

知らず知らずのうちに高血圧になってしまうことも……

ちなみにお医者さんの進める1日あたりの塩分摂取量は

成人男性の塩分摂取量は8.0g、成人女性は7.0gとされています。

一見無塩に見えても、実は塩分が含まれている食材があります。

それが『パン』と『麺類』

パンは原材料の中に塩分が隠れています。

例えば6枚切りですと、1枚あたり塩分0.8g程度が含まれています。

そこにサラダやら卵やら一緒に食べると、

朝食だけで1日の塩分摂取量の半分を摂取してしまうことも……

お次は麺類。ラーメンやおそばなどですね。

麺のタイプによって塩分量が異なりますが、生麺と乾麺では、

生麺は塩分2.5g、乾麺は4.3g程度含まれています。

茹でると、生麺は0.1g、乾麺は0.5gまで塩分が減少します。

原材料保存料に塩分が使われている場合がありますので注意してくださいね。

味が濃いのに塩分が少ない調味料は?

例えば醤油は、薄口と濃口がありますよね。

なんとなく薄口の方が塩分が少なそうに思いますが、実はこれは色味の話。

薄口醤油の方が、色を薄めるために多く塩分が含まれています

またサラダにかける減塩に効果的な調味料は、

【マヨネーズ】と【ノンオイルドレッシング】のどちらでしょうか?

実はマヨネーズなんです。ノンオイルドレッシングは味のコクを補うため、

塩分が多く含まれています。

逆にマヨネーズは味がしっかりしているので、塩分は控えめ(醤油の7分の1程度)

さらに効率よく減塩するには、サラダにかけるよりも、あえるのが良いです。

お医者さんのオススメする減塩の強い味方は、『焼肉のたれ』

強いコクがあるにも関わらず、その成分はハチミツやフルーツ等が元なので、

塩分は醤油の3分の1程度しかありません。

醤油の代わりに焼肉のタレが使用できる場面では、使ってみましょう!

スポンサードリンク

減塩調味料の落とし穴!

出典:フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com

最近はスーパーにも色々と減塩調味料がありますよね。

しかし何も考えずに選んでいると、実は減塩できていないことも……

パッケージの『塩分○%カット』という数字はあくまでメーカー内での比較ですので、

きちんと栄養成分表示をしっかりと確認してあげる必要があります。

また減塩調味料は通常のものと比べて当然薄味ですので、

料理をする際に味を確認しながら使用すると、結局たくさん使ってしまうことも。

減塩調味料を使用する際は、決めた以上の量を使わないことを意識しましょう!

最後にチューブタイプの調味料の注意点。

香辛料は塩分が少ない、と思うかもしれませんが、

実は長期保存のために塩分が使用されています。

たくさん使いすぎないように注意してくださいね。

まとめ

最後に塩分が多い順に調味料をまとめてみます。

塩分多 コンソメ>醤油>味噌>ポン酢醤油>ソース>ドレッシング>ケチャップ>

焼肉のタレ>マヨネーズ>わさび>レモン汁>ごま油>ラー油>酢 塩分少

これを参考に、代わりの調味料が使える際は使ってみてください。

上手に減塩して、健康に注意しながら生活していきましょう!

それでは、今回はこれにて。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする