姫野和樹選手の私生活と試合のルーティンを大調査!【衝撃のアノ人】

こんばんは。Rinです。

明日放送の【衝撃のアノ人に会ってみた!】で、ラグビー日本代表選手が特集されますね。

惜大きな盛り上がりを見せたラグビーワールドカップは皆さんの記憶にも新しいと思います。

今回はラグビー日本代表選手の1人、姫野和樹選手について調べてみました。

チームではフォワードのNo.8として活躍する姫野和樹選手ですが、

・普段の姫野和樹選手はどんな感じ?

・試合でのルーティンはあるの?

この2つについて調べてみました。

スポンサードリンク

姫野和樹選手のプロフィール

まずは選手としてのプロフィールを簡単にまとめてみます。

姫野和樹選手は1994年7月27日生まれ。現在25歳です。

愛知県名古屋市中村区の出身。春日丘高等学校・帝京大学を卒業しています。

大学卒業後はトヨタ自動車ヴェルブリッツに加入。

そして2019年8月、ラグビーワールドカップ日本代表選手として選出されました。

豪快なアタックで相手選手をどんどんなぎ倒していく姿が特徴的ですよね。

小さい頃から野球・サッカーなど運動が好きで、ラグビーを始めたきっかけは「自分の身体の大きさを最大限活かせる」と思ったからだそうです。

ちなみに現在は身長187cm、体重112kg……もし正面歩いてきたら怖いですね笑

姫野和樹選手の私生活は?普段はどんな感じなの?

試合中は豪快なアタックが特徴的な姫野和樹選手ですが、一方で普段はどんな感じなのでしょうか?

日々練習かと思いますが、特にオンとオフの切り替えを大事にされているそうです。

グラウンドの中でパフォーマンスを最大限発揮するためには、きちんとしたリフレッシュが欠かせません。

リフレッシュといえば……そうです、お酒ですね笑

チームメイトはもちろん、戦った選手とも一緒に飲むのが好きなようです。

これはラグビーのノーサイド精神から来ていることですね。

試合中は本気でぶつかり合いますが、試合終了のホイッスルがなったら敵味方なし、という意味です。

お酒を飲む以外にも、サーフィン・カラオケ・観光・温泉・鍋パーティなどなど……

よくよく考えてもみれば25歳……まだまだエネルギーが漲ってますよね笑

普段から仲間との交流を大事にされていて、素晴らしいです!

姫野和樹選手の試合におけるルーティンを調査!

ラグビーと聞くと、五郎丸歩選手のあのポーズが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

ご存知の方も多いかもしれませんが、あのポーズはルーティンと呼ばれるものです。

簡単にいうと集中力を高めるために行う、習慣的・儀式的なものですね。

試合は1発勝負ですから、ラグビー選手に限らずスポーツ選手それぞれルーティンがあると思います。

姫野和樹選手にもそういった試合のルーティンがあるのではないか?と思い調べてみました。

姫野和樹選手が欠かさず行っているのは、”ノートをまとめること”

練習の前後に何かしら気づいたことを毎日書き留めていますし、試合の前などは、タックルを何回決める、ボールキャリーをどれくらいする、といったような目標となる具体的な数字を明記していますね。また、「誰よりも走れ」、「誰よりも身体を張れ」、「そのための覚悟を決めろ」という自分を奮い立たせるためのメッセージもたくさん書き込んでいます。ちょっとクセは強めですが……(笑)、そんな”姫野ノート”を常に側に置いて置くようにしていますね。

出典:姫野和樹は姫野ノートで自らを奮い立たせ、グラディエーターのように闘う

日頃からメモをして、試合の前は目標を立てる……堅実ですよね。

”姫野ノート”の積み重ねのおかげもあって、ここまで登ってこれたのではないかと思います。

まとめ

今回はラグビー日本代表・姫野和樹選手について調べてみました。

豪快なアタックの裏に、ルーティンから堅実な姿が見えましたよね。

仲間と共に、これからも頑張っていただければと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする