知らないと命を落とす!?危険な習慣とは?【主治医が見つかる診療所】

こんばんは。Rinです。

今回は9月19日放送『主治医が見つかる診療所』にて紹介される

知らないと命を落とす危険な習慣についてまとめていきたいと思います。

誰もがやってしまいがちな行動の中に、意外な病気の原因が潜んでいるそうです…

怖いですね、この機会に一緒に見ていきましょう。

目次
1.真空パックのインスタントカレーで命の危機に!
2.鳩のフンが原因で呼吸困難に!
3.焼き鮭が原因で小腸に穴が空く!

スポンサードリンク

真空パックのインスタントカレーで命の危険!

1つ目は、呼吸機能の低下で命を落とす危険な習慣です。

症例ビデオの中では、最初に吐き気を引き起こし、嘔吐を繰り返し、

立っていることもできなくなり、呼吸機能が低下、命の危機に。

診断の結果、病気はボツリヌス症という病でした。

ボツリヌス菌という自然界で最も危険な毒素によって引き起こされる病気です。

原因は真空パックのインスタントカレーにありました。

本来冷蔵保存しなければならないチルド食品を、間違って常温保存していたため、

袋の中でボツリヌス菌が繁殖してしまいました。

ボツリヌス菌は空気が少なく、30度〜37度の環境で活発に繁殖します。

しかも、ボツリヌス菌を死滅させるには100度の熱で6時間以上が必要なので、

一般の家庭で死滅させるのはまず不可能ですよね。

結果的にこの病を引き起こした患者さんは1年の入院を要しました。

もし間違ってチルド食品を常温で保存してしまったら、食べずに破棄しましょう

ボツリヌス症は自宅で対応できませんので、もし疑いがある時は

吐き気を起こした時点ですぐに救急車を呼びましょう。

危険な真空パックの見分け方としては、2つあり、

いつもと味が違う ・不自然に膨らんでいる(ガスが発生しているため)

またボツリヌス症は乳児(1歳未満の子供)が引き起こすことが多いです。

その理由はハチミツと黒糖。乳児に与えていけないと言われていた理由はこれですね。

絶対に食べさせてはいけませんので、注意してください。

鳩のフンが原因で呼吸困難に!

2つ目は風邪の症状が命の危険に、1週間で呼吸困難を引き起こしたクリプトコッカス症です。

この病の原因はクリプトコッカスというカビです。

このカビを鼻や口から吸い込むことで、肺の機能が低下し、

終いには脳に至り髄膜炎を引き起こすなど、非常に恐ろしいカビです。

この病の原因は鳩のフン。症例ビデオの中では、散歩中の方の目の前で

鳩が羽ばたいたときに、鳩のフンを吸い込んだことが原因と考えられてます。

クリプトコッカス症の見分け方は、すぐに症状が出ない点にあります。

また、この病には感染しやすいタイミングがあります。

それは免疫力が落ちているときです。

クリプトコッカス菌は非常に弱い菌なので、健康な方が少し吸い込んだぐらいで

クリプトコッカス病を必ず発症する、というわけではないそうです。

最近鳩に近付いた

免疫力が落ちている

咳が続いている

こんな方はクリプトコッカス症を疑いがあるかもしれません。

スポンサードリンク

焼き鮭が原因で小腸に穴が空く!

3つ目は小腸穿孔。小腸の壁が裂けたり、穴が開いてしまう病気です。

自然治癒はまず不可能で、その穴から消化液や食べ物が漏れ出し、激痛を引き起こします。

まるでナイフで切られたような鋭い痛みが走るそうです。

更にはそこからバイ菌や毒素が身体中に広がり、最悪の場合命を失うことも。

今回の原因は焼き鮭の骨にありました。

普段からあまりモノを噛まずに食べてしまう方は、焼き鮭など魚の骨を

大きなまま飲み込んでしまうため、胃は通過できても、小腸で突き刺さってしまいます。

他にも、薬のパッケージを外さないまま飲み込んだり、

入れ歯の金具やボタン電池など、誤飲によって引き起こされることもあります。

予備知識ですが、魚の骨が喉に刺さった時に、ご飯などで飲み込むのはNGです。

これをすると余計に骨を押し込んでしまい、喉に穿孔する危険性があります。

もし骨が刺さってしまった場合は、耳鼻科に行くのが一番手っ取り早いです。

まとめ

今回は知らないと危険な習慣についてまとめてみました。

皆さんが日頃から行っていることもありましたでしょうか?

この機会に改めて気をつけていきましょう!

それでは、今回はこれにて。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする